バンクイックとは銀行系なんです

どこかいいキャッシング先を探すとき、自分が使いやすいところを選ぶのも大切ですが、安心して利用できるタイプの会社を選ぶのも重要です。

しっかりとした銀行系のキャッシング会社やサービスはいくつかあります。

サービス展開元が有名どころのひとつとして、バンクイックのサービスがあるのはご存知でしたか。バンクイックを提供しているのは、知らない人を探す方が大変な三菱東京UFJ銀行です。

日常的にこちらの会社のサービスを利用する機会も、多いと思われます。ポイントなのは、三菱東京UFJ銀行が展開している、小会社や傘下の会社が提供しているのではないということです。

直接銀行がサービスを展開しているので、安定性といい信頼性といい……丁寧な作りになっているんです。

もともとお金を取り扱っている会社なので、サービスの基盤はしっかりしています。扱うものがキャッシングのジャンルに変わっても、不透明さがなくわかりやすいのが特徴的ですよ。

銀行系の恩恵もあり、総量規制にあてはまらないのも融資額によっては立派なメリットです。

銀行の中でサービス展開をしているバンクイックについては、知らない人もいるかもしれません。しかしサービスの安定具合に問題はないので、見知らぬ会社で利用するのが不安な人におすすめです。

使いやすさはひととおりそろっているので、サービス面で劣るということはありませんよ。低めの金利にネット利用可能など、気になったらチェックしてみましょう。

バンクイックは学生でも利用できる

学生であっても、運転免許証の取得や友達との付き合いなど、案外余分なお金が必要になる時がありますが、学生でもキャッシングをする事ができるのでしょうか。

学生がキャッシングをする場合2つの方法があり、ひとつは消費者金融を利用する方法で年齢が20歳以上でバイトやパートをしていれば消費者金融を利用する事ができるのですが、消費者金融を利用する場合は総量規制という規制があります。

借入れは年収の3分の1以内という事から年収がなければ融資を受けられず、パートやアルバイトは一定の収入と認められますので利用する事は可能となりますが、収入のない学生は消費者金融を利用する事はできません。

もうひとつの方法はバンクイックを申込む方法で、三菱東京UFJ銀行のカードローンのバンクイックは総量規制の対象外で収入に関係なく審査に通れば融資を受ける事ができ、公式サイトでも学生の方や本人に収入がなくても申し込みをする事ができるとあります。

バンクイックでは無収入の学生であっても借入れ限度額10万円以下であれば融資が可能となっています。

申込方法は、本人確認書(健康保険証や運転免許証があれば運転免許証)などをそろえておきインターネットやテレビ窓口から通常の申し込みをしますが、収入があれば必要書類は本人確認書だけでいいのですが、無収入の学生が申し込むときは親権者の同意が必要になります。

申込みでわからないことや不安なところはオペレーターに直接相談してみましょう。